Rainbow Sharing Circle Session with Japanese NVC Trainer on “Clean Language: Exploring Metaphors” レインボーシェアリングサークルwith日本人の非暴力コミュニケーション(NVC)トレーナー: 「クリーンランゲージ:メタファ(比喩)を探求する」

Having practiced Non Violent Communication (NVC) since around 2014, I’m really excited to be hosting a RSC session with my empathy buddy, Yuko, a NVC certified trainer in Maui on Clean Language: Exploring Metaphors! 次回のレインボーシェアリングサークル(RSC)はマウイ島で活躍してるNVC公認レーナーの後藤ゆうこさんと「クリーンランゲージ:メタファー(比喩)を探求する」というセッションをやります!ゆうこさんのプロフィールはこちらです。

Your Mind is a Garden
Image from https://cdn.tinybuddha.com/wp-content/uploads/2016/01/Your-mind-is-a-garden.png

Your metaphors help you to discover yourself and understand your life from a new perspective.

Clean Language is a technique that is used especially in psychotherapy and coaching, and more recently as a research interview technique. Clean Language helps clients to discover and develop symbols and metaphors without any content introduced by the therapist/coach/interviewer. Clean Language was developed by David Grove in the 1980s as a result of his work on clinical methods for resolving clients’ traumatic memories.[1] As James Lawley and Penny Tompkins describe it, “He realized that many clients naturally described their symptoms in metaphor, and found that when he enquired about these using their exact words, their perception of the trauma began to change.”[2]

“Learning to read the language of symbols has a positive effect on your self-image and energy. You do not have to wait for a crisis to see things symbolically and accurately. You can start wherever you are.” Caroline Myss

クリーン言語は、カウンセリングの現場より生まれました。クライアントが、同じ症状が繰り返し規則的に現れて、理性的にコントロールできない、という問題を抱えている時に、この方法は有効です。クリーン言語発展の初期には、デビッドとカイは、特に、トラウマ治療に専念し、トラウマ治療の現場を数多く踏む中で、クライアントが過去のトラウマ体験を再度繰り返し話すことをしなくても(そして、再度のトラウマ体験が繰り返されないような)セッションを進めていける方法を開発しました。そのプロセスは、カウンセラーが幾つかの簡潔な質問をクライアントに与え、クライアントの返答の言葉を忠実に繰り返し、さらに質問を与え、返答を受けて、また、質問与える、とする循環のプロセスです。その中で、クライアントの、悲しいとかストレスがある、とかいう言葉を形に変換して、形からクライアント自身のメタファーが生まれることを導きます。さらに、簡単な一連の質問を与えることで、そのメタファーが発展し、成長していくのを促進します。クライアント自身の中から生まれたメタファーが発展して成長するプロセスの中で、そのクライアント個々人にとって自然な解決策が生み出され、回復のプロセスが進みます。つまり、クリーン言語の質問を通して、その人自身の内部から自然に生まれてきたメタファーを発展させ、成長させることで、その人に合った解決策が生まれてくるのです。

参加者を今募集中です!

Date: August 18, Friday 10:00 – 11:30 (Japan Time)

Theme: Clean Language: Exploring Metaphors

Online Venue: Zoom

https://cnvc.zoom.us/j/153852227

(Copy and paste this link after clicking “Join”.)

Language: English and Japanese

How to join? 参加する方法の案内

  1. Download Zoom for free at https://zoom.us/download (if you haven’t). Zoomのダウンロードは無料です。
  1. Email oneearthec@gmail.com by August 15, Tuesday to confirm your participation. 8月15日(火)までに「参加する!」とoneearthec@gmail.comへ連絡お願いします。

 

One Earth English Cafeの英会話に興味ある方は、是非、こちらを参考して下さい!

 

image

What is Rainbow Sharing Circle? (日本語は下になります。)

Rainbow Sharing Circle is a space to share our unique experiences, connect with others and support one another’s growth and healing. It is also a space for new discoveries and learning.

 

Pay it forward Donation

We greatly welcome donations if you’ve enjoyed and benefited from the session, and would like to support Rainbow Sharing Circle (RSC). Your free participation was a gift from us! To keep the chain of gifts alive, we invite you to pay it forward for those who join a RSC session after you.

 

Donations received will be used to upgrade the Zoom account etc. so we can improve our facilitation. It costs about 1600 yen a month. The rest will be donated to charity organizations in developing countries that support poor children, and alternative schools that focus on holistic education and sustainability.

 

For monetary donations, we will be thankful if you could transfer it to our account within a week after the session. Bank account or PayPal account (for those residing outside of Japan) details will be sent to participants who sign up for the session.

 

If you’d like to make a non-monetary donation, please contact me directly on what and how you’d like to offer your gift.

 

レインボーシェアリングサークルとは?

レインボーシェアリングサークル(RSC)は個々の独自な体験を分かち合い、他者とつながり、互いの成長や癒しをサポートするための場です。新しい気づきと学びの場でもあります。

 

参加費:ペイフォワードドネーション(恩送りドネーション)

もし、セッションへの参加を楽しんでくださり、RSCをサポートしたいと思ったら、ドネーション(寄付)を大歓迎します。セッションを提供することは私たちからのギフトです。そのギフトの連鎖をつなげていくために、RSCに後から参加する人にペイフォワードしてくださることをお誘いします。

 

頂いた寄付を使って、ズームのアカウントなどをアップグレードして、より私たちの活動が円滑にできるようにします。これに一ヶ月あたり1600円かかります。頂いたお金の残りは、恵まれない子どもたちのため、それからホリスティック教育や持続可能性教育を行っているオルタナティブスクールの運営補助をしている発展途上国の慈善団体に寄付されます。

 

お金での寄付の場合はセッション後、1週間以内に私たちの金融機関口座にお振り込み頂けたら大変ありがたいです。セッションに参加された方に銀行口座、またはPayPalの詳細はお送りします。

 

お金の形ではない寄付をしたい場合、何をどのようにくださるかを私に直接ご連絡ください。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s